福島の7マラソン、シリーズ化 復興アピールと参加増図る 富士山マラソン

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被害を受けた福島県浜通り地域などで開催される七つのマラソン大会がシリーズ化されることになり、実行委員会が12日、発足した。県内外から訪れるランナーに地域の復興をアピールしながら、交流人口の拡大を狙う。

シリーズ化されるのは、川俣ロードレース(川俣町)▽川内の郷かえるマラソン(川内村)▽とみおか復興ロードレース(富岡町)▽田村富士ロードレース(田村市)▽野馬追の里健康マラソン(南相馬市)▽Jヴィレッジハーフマラソン(広野町・楢葉町)▽いわきサンシャインマラソン(いわき市)-の7大会。

「ふくしま共走ネイチャーランシリーズ」と銘打ち、複数大会を完走したランナーに抽選で各市町村の特産品を贈るキャンペーンを展開する。各大会のPR活動を共同で実施するほか、参加市町村のブースを設けるなどして参加ランナーの増加を図る。

12日にJヴィレッジであった実行委の発足式では、8市町村の首長らが宣言書に署名。今後、参加市町村の拡大も検討する。実行委員長を務める藤原一二川俣町長は「震災と原発事故からの復興は途上だか、前に進んでいる姿を広く発信していきたい」と話した。

福島の7マラソン、シリーズ化 復興アピールと参加増図る(河北新報) - Yahoo!ニュース
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被害を受けた福島県浜通り地域などで開催される七つのマラソン大会がシリーズ化されることになり、実行委員会が12日、発足した。県内外から訪れるランナーに地域の復
タイトルとURLをコピーしました