韓国の市民団体「VANK」、JOCなどにマラソン金メダリスト孫基禎氏を「韓国人」と訂正することを要求 富士山マラソン

インターネット上などで民間外交をおこなう韓国の市民団体「VANK」は、23日から韓国人ランナーのソン・ギジョン(孫基禎、1912~2002)選手を日本人のように紹介している日本のオリンピック博物館の間違いを正すキャンペーンを始める。 【関連写真】この記事の写真をもっと見る  VANKは、東京オリンピック組織委員会と日本のオリンピック委員会に訂正を要求する書簡を送った。  世界最大の署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ」にも関連の内容を掲載し、韓国人ソン・ギジョン選手をきちんと伝える英語、日本語、中国語、スペイン語のポスターも制作してSNSで配布している。  ポスターには、1936年のベルリンオリンピックで優勝のテープを切るソン・ギジョン選手の胸に「KOREA」の文字を入れ、「私の一生の願いは、日本人ではなく韓国人の孫基禎として記憶されることだ」という文章が書かれている。  日本では昨年3月、新国立競技場に隣接して日本オリンピックミュージアムを開館した。ここには歴代の日本人金メダリストを紹介するコーナーがあり、ソン・ギジョン選手が一番上に展示されている。  月桂冠をかぶって表彰台に立った彼の写真を飾り、日本語で「ソン・ギジョン、1936年ベルリン大会陸上競技男子マラソン選手」と説明している。  同大会で銅メダルを獲得したナム・スンリョン(南昇龍)選手の名前も見られる。

韓国の市民団体「VANK」、JOCなどにマラソン金メダリスト孫基禎氏を「韓国人」と訂正することを要求(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース
インターネット上などで民間外交をおこなう韓国の市民団体「VANK」は、23日から韓国人ランナーのソン・ギジョン(孫基禎、1912~2002)選手を日本人のように紹介している日本のオリンピック博物館の

 

タイトルとURLをコピーしました