RUN as ONE – Tokyo Marathonとは、全国のランナーと大会を支える人々がひとつとなり、マラソンムーブメントをより一層盛り上げていくこと、全国レベルの競技力の向上を目的とし、東京マラソン2015からスタートしたプログラムです。

富士山マラソンはRUN as ONE – Tokyo Marathon 2021(準エリート)の提携大会です。

各都道府県の陸上競技協会及び大会と提携し、成績上位者に「準エリート」として東京マラソン2021(2021年3月第1日曜日開催予定)の出走権が付与されます。
※東京マラソン2020の出走権ではありません。

富士山マラソン2019では、次の条件を満たすランナー50人(予定)を成績上位の順に選定し、東京マラソン2021への出走者として推薦します。
※下記の推薦条件は変更になる場合があります。

【条件】

○ 富士山マラソン2019(マラソン)で推薦基準タイムをクリアしていること<推薦基準タイム> 男子2時間55分以内、女子3時間40分以内

○ 日本陸上競技連盟登録者(山梨陸上競技協会登録者)であること

○ 登録の部・一般の部は問わないこと ※本来、登録の部にエントリーされた山梨陸上競技協会登録者が対象ですが、一般の部であっても大会前日(11月23日)までに山梨陸上競技協会への登録が完了した者は対象とします。

○ 東京マラソンに出走するための諸経費(参加費や交通費、宿泊費等)を負担できること

○ 東京マラソン募集要項の参加資格を満たしていること ※詳細は東京マラソン公式ウェブサイトでご確認ください。

○ 健康状態が良好であること

○ 東京マラソン財団への個人情報(氏名、性別、生年月日、連絡先、記録)の提供に同意すること

○ 確実に東京マラソンへの出場する意思を有すること

富士山マラソン2019の大会終了後、大会事務局において成績等を確認した上、成績上位の順に推薦候補者を選定します。

推薦候補者に対しては、2019年12月頃から順次連絡をさせていただき、東京マラソン2021への出走同意を確認の上、当該候補者を推薦者として決定いたします。